CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
もぎたて高知日記
みなさま こんにちは。

湿度ムンムンのこの8月、いかがお過ごしでしょうか?

今年の夏休みは私の生まれ故郷である高知に行って来ました!

私は夏休みやお正月休みなど、友人達を高知に招いて祖母宅へ泊まってもらい、レンタカーでおすすめスポットへご案内する隠れ観光大使を自称しているのですが、今年の夏休みはかごアーティストのYOSHIKOさんと高知県中部を巡りました。

今日は独断と偏見でセレクトした高知県中部(市街地を中心に)の美味しいお店やおすすめスポットなどをご紹介します。

★まずは誰しも高知に来たら一度は行くであろう観光スポット、ひろめ市場です。
ひろめ市場の中でも絶対に食べて欲しいものは新鮮な藁焼きたたきが食べられる明神丸の鰹のたたき定食と吉岡精肉店のコロッケです。
↑コロッケの包み紙を見てもその美味しさは明白。
 
★日本三大がっかりスポットとして話題のはりまや橋も5分で見れますので高知が初めての方は行って欲しい場所です。

↑よしこさんははりまや橋を見て1分経たぬうちに「わかった。」と小さくつぶやきました。

★そして月の名所と坂本龍馬像で有名な桂浜もおすすめです。

↑桂浜に行ったら絶対にアイスクリンを食べて下さい。理由は食べればわかります。

桂浜の坂本龍馬像は思ったよりも大きく高い像なので記念写真を撮るのがとても難しく技術が必要です。
龍馬像をいれるとよしこさんは画角から切れ、よしこさんを入れたければ龍馬像は切れ…難しいです。
そして午後は龍馬像が逆光になるので撮影者は注意が必要です。

↑ほら、こんな感じで難しい。
↑桂浜に併設されている「とさいぬパーク」(数年前までは土佐闘犬センターという名でした)
入口付近からかなりの獣臭がするので親しみやすさというより物々しさを感じます。


★もし高知に行くなら日曜日を挟んでの旅程がおすすめです。
なぜなら日曜市があるから!
日曜市は骨董品や県産の野菜、加工品や日用雑貨など高知の生活が垣間見えるもので、見て触って食べて香って五感で楽しめる市場です。

↑印象的な表札屋さん。その場でささっと書いてくれます。ニスも塗ってくれます。


その他、今回行ったおすすめスポットは

★道の駅夜須の近くにある「海女」というお店、かきやホタテやサザエや高知名物長太郎貝が食べ放題のお店。BBQスタイルで焼き続けます。貝汁とタコの炊き込みご飯がついてきます。


↑こんな感じで夕焼け時は絶景も見れます。開放感のある店内なので虫除けスプレーは必至です。

★高知市街にあるフクワウチという蔵を改装したバーはお酒に合う薫製が本当に美味しいのでおすすめです。お酒の弱い方でもノンアルコールドリンクのラインナップが幅広いので満足できます。
↑卵、さんま、カマンベール、明太子、たくわん、全て燻されていて美味しい…。

★最後に祖母の家からほど近いmongo mongoというカフェもおすすめです。高知は地のものがとても美味しいのは周知の事実ですが、香美市内でもオシャレに美味しいパンや美味しいコーヒーが飲めるのはとても嬉しいです。

…長くなりましたが、私はこれからも高知県内のイベントやお店を随時探しています。
不定期に更新していきますので次回はよりディープな高知情報をご報告出来ればと思います。

もし高知に興味の有る方はこのブログを読んで参考にしていただければ幸いです。
| travel | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月の旅行記 -paris
こんにちは。

前回のブログでもお伝えしましたが、去る6月下旬からフランスはパリ、デンマークのコペンハーゲン、フィンランドのヘルシンキと三ヶ国周遊の旅へ行って参りました。

パリではマレ地区にアパルトマンに滞在しながら、パレロワイヤルやギャラリーヴィヴィエンヌなどショーウィンドウを見るだけで優雅な気分に浸れる散策やショッピングをしました。
夏のセールが始まった時期と重なりお財布のヒモがゆるんだ上に今回一緒に旅した友人は半年間のフランス留学中でフランス語がわかる事もあり交渉も問題無し。勝手に気持ちが解放された私は気が緩んでしまい早速サングラスを滞在二日目で紛失してしまいました。


滞在していたアパルトマンの向かいの窓にはいつも20時くらいから窓辺でくつろぐネコの姿があり癒されました。


照明も相まって夜の美しいセーヌ川。


日本でもお馴染みのmerci。カフェがとにかくおススメです。スコーンも美味しい。


朝食で訪れたCLAUS。予約必須でした。予約してくれた友人に感謝!
外観もとても素敵だけど…


味も本当に美味しかった!何て豪華な朝食。たっくさんのパンにエシレのバター。そしてイチジクのジャム…。
最高!


オムレツも!ふんわり卵の中にチーズがとろ〜リ…。
大きいので4人でシェアして食べました。

食べ物ばっかり…。しかしながら、パリは美食の街だけれど、やっぱり外食費が高い!
日本にいると外食とはいえ気軽にラーメンや牛丼など美味しいものがリーズナブルに食べられますがパリではなかなかそういう機会はありません。
しかしアパルトマンの近くに美味しいと評判のファラフェル(ひよこ豆のコロッケが入ったピタサンドがおススメ)のお店があり、6€でお腹いっぱい食べられるので助かりました!


直線で出来た迫力にビックリのポンピドゥー・センター!(入館はしていないけど…)
チューブの中のエスカレーターから見える景色は圧巻だろうな〜。



ギャラリーヴィヴィエンヌそばにあるソルボンヌ大学の施設内で展示されていたラクロワのファッション画の数々。
動きのあるクロッキーの線や色彩のセンスには感心するしかありません。


ルーブル美術館近くにある、ルーブル装飾芸術美術館ではドリス ヴァン ノッテンのインスピレーション展が開催中でした。
東信さんの作品の入口を入ると、館内は薄暗かったのですがコレクションごとにドリスのインスピレーションになっている映画や絵画、アート作品などと自身の服が所狭しと並べられており、見応え、読み応えのある展示でした。
私も英和辞書のアプリでわからない単語をひとつひとつチェックしながらくまなく解説も読んでいきました。

商品の買い付け場所ではスリが横行しており怖くてカメラにおさめる事が出来ませんでしたが、買い付けしたヴィンテージ雑貨をアトリエショップでも販売しております。

今月の営業日は2日(土)、16日(土)、 23日(土)、30日(土)になります。
時間等は
ホームページをご覧下さい。shopツイッターでは買い付け商品の一部も更新しております。

旅行記▲灰撻鵐蓮璽殴鵑聾綟に続きます。
| travel | 15:43 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |